シミを消すと言われるとハイチオールCは本当に効くの?3つの特徴

ハイチオールCは、シミ・そばかすの治療薬として
エスエス製薬から発売されています。
L?システインを主成分とする医薬品です。

 

現在は「ホワイティア」と「プラス」の2種類があります。

 

シミを消すことに集中したいのであれば
「ホワイティア」がおすすめで、

 

疲労回復など、代謝アップも気になるのであれば、
「プラス」が良いようです。

 

 

●ハイチオールCの3つの特徴

 

1、シミを防ぐ
紫外線などの刺激によって、メラニン色素を作る細胞が活性化され、
メラニンが生成されます。
L?システインが、このメラニン生成の命令自体を抑制し、
メラニンが過剰に作られるのを阻止します。シミになる根本を防ぎます。

 

2、シミを消す
L?システインと配合されているビタミンCの相乗効果で、
黒色のメラニンを無色化できます。
今まであったシミの色が薄くなってきます。

 

3、シミを出す
L?システインが肌のターンオーバーを正常化し、
黒く沈着してしまったメラニンを排出してくれます。
パントテン酸カルシウムも含まれているので、
肌の回復がスムーズに行われます。

 

 

●いつ飲めば効果的なの?
「ホワイティア」の基本的な飲み方は、
朝晩2回、1回2錠を水かぬるま湯で飲むことです。
飲むタイミングは、食前でも食後でも、いつでも良いようです。
胃が弱く、荒れやすい人は食後の方が良いかもしれません。

 

●おすすめな飲み方は、夜は寝る前に飲むこと。
睡眠中に体内では肌の修復などが行われます。
夜12時から2時の間は、肌のゴールデンタイムと言われますが、
そのためです。
眠っている間に有効成分が体内で効果的に使われるので、
シミを消すことにつながります。

 

 

●すぐに効果はあるの?
肌は約42日間で生まれ変わるので、
飲んだ次の日からシミが消えているということは、まずないと思います。

 

最初は、肌の代謝が良くなるので、全体的な肌調子が良くなってきます。
そして、L?システインがメラニンの生成を抑制し、
すでにあった黒色のメラニンを無色化してくれるので、
肌色が明るくなってきます。
そこから、シミが徐々に薄くなってくるのです。

 

容量を守って、約3ヶ月の継続服用が効果的と言われています。
ただ、目安なので、体質やもともとの状態などで、
効果の出方は人それぞれ異なってきます。

 

 

●ハイチオールCに副作用はないの?
ハイチオールCの成分はアミノ酸であるL?システインと
水溶性のビタミン類です。
過剰に摂ったとしても、ほぼ体外に排出されるはずです。
他のビタミン剤などを摂っている場合は、ビタミンの過剰摂取により、
腹痛や下痢などの症状が出るかもしれません。
また、L?システインで、まれに、気分が悪くなったり、
下痢になったりすることがあるようです。
どちらにしても、過度に心配する必要はなく、
服用をやめれば治まることが多いようです。

 

 

●まとめ
シミ・そばかすの治療として用いられる、ハイチオールC。
L-システインのちからで、今まであったシミを消し、
これからできるシミの予防にもなります。

 

シミを消すという、即効性はないようですが、続けることで、
肌調子もよくなり、徐々に透明感が出てきて、
最終的にシミが消えていくことに期待が持てそうです。

 

薬ですが、副作用も少ないようなので、気軽に取り入れられそうです。
シミを本気で治したい人にはおすすめです。

 

>>澄肌美白「最安値」販売店サーチ | 米肌の美白シリーズ新登場♪